HOME>注目記事>曲がったペニスは医療の力を使えば治すことが可能
下半身

ペニスの曲がりが気になるなら

男性の方の多くは、勃起時のペニスが曲がっておらず、ストレートの場合が多いでしょう。しかし、50代以降になると、ペニスがどんどんと、一定の方向に曲がっていってしまうペロニー病になることがあります。その屈曲ペニスがコンプレックスになっているのなら、泌尿器科で治療を受けられるので、診てもらうことを考えましょう。泌尿器科のドクターに診てもらって、ペロニー病なのがハッキリとしたのなら、すぐに治療が開始されます。手術で物理的に曲がりを戻す方法もあれば、薬で屈曲ペニスの原因となるしこりを解消する方法もあります。どの手段を使って治療をするのかは、ペロニー病の進行次第なので、まずは診てもらいましょう。

保険や高額医療費制度で安くペニスを治せる

ペロニー病を泌尿器科で診てもらいたいと思ったのなら、必ず保険証を持っていくようにしましょう。保険を使えば、1割や3割負担で治療を受けられるため、安い費用で屈曲ペニスを治すことができます。ちなみに、手術が必要になったときも、保険を使って、治療してもらえるので安心しましょう。また、高額療養費制度があるため、1ヶ月で支払うことになる金額の上限は決まっています。それを超えた場合は、あとから帰ってくるので、治療費を安くしたいなら必ず申請しましょう。

広告募集中