HOME>ホットトピックス>治療することは自分のためにもなり相手のためにもなります

性行為が出来なくことを防げるでしょう

男性

勃起時に屈曲ペニスになったりしてしまうおそれがあるのがペロニー病で、性行為が上手くできなくなる可能性があります。具体的に挿入しにくくなったり挿入後に抜けやすくなったりしまい、変形が酷くなると、そもそも挿入自体ができなくなるおれも出てきます。また勃起時に痛みが出ることがあるので、性行為をするために気分を高めても、痛みのために挿入するまで至らないと言うことも。ペロニー病を治療すると、これらの問題を解決することができるようになるので、性行為を楽しめるようになります。好きな人と行う性行為と言うのは、他には代えがたい幸せなので、その幸せを存分に感じられるようになることが魅力です。

自信が持てるようになります

悲しむ男女

屈曲ペニスになってしまうと、自分に自信が持てなくなることもあり、それが原因で勃起不全になってしまうことも。ペロニー病の治療を医療機関で行えば、失った自信を取り戻すことができ、性行為をしたいのにできないなんて経験をしなくて済む様になります。

相手のためにもなるでしょう

ペロニー病のために屈曲ペニスになるとパートナーにも影響が出ることがあり、つまり湾曲しているため膣の中で摩擦が起き痛みを感じてしまうと言うことです。治療すれば、性交時にパートナーが膣の中で痛みを感じなくなるので、相手も性行為に積極的になってくれることでしょう。

広告募集中